住宅用火災警報器設置について

住宅用火災警報器設置 札幌

住宅用火災警報器設置の義務化導入の背景

住宅用火災警報器の設置場所については、消防法により定められていおり、必ず設置することが義務付けられているのは、すべての寝室・階段です。

 

また、市区町村の条例において、消防法でも住宅用火災警報器設置を推奨している台所やその他の場所にも、設置を義務付けている地域もあります。

 

そのため、札幌市又は札幌市以外の方は、お住まいの各市区町村窓口か、管轄の消防署で
確認するようにしてください。

 

総務省消防庁の報告によると、全国の住宅火災による死者数は平成15年以降、毎年連続
して1000人を超えており、そのうち6割以上が「逃げ遅れ」によるものです。

 

年齢別に見ると、65歳以上の高齢者の割合が半数以上を占め、主に22時から翌朝6時
までの就寝時間帯に集中しています。

 

今後、高齢化が進むことでさらに増加することが懸念されることから、住宅火災の「逃げ
遅れ」による死者を減らす目的で、2006年(平成18年)6月1日から、住宅用火災
警報器の設置が消防法にて義務付けられることとなりました。

 

住宅用火災警報器の種類には、煙式(光電式)と熱式(定温式)の2種類があります。

 

煙式住宅用火災警報器は、煙が住宅用火災報知機の中に入ると「ピューピュー 火事です
火事です」と音声で知らせてくれます。

 

火災の多くは、最初に煙が立ち昇ってから火の手が上がることが多いため、初期段階での
発見が可能となり、非難する時間を作ることができます。

 

消防法で設置が義務付けられているのはこちらのタイプです。

 

一方、熱式住宅用火災警報器は、設置された火災警報器の周辺温度が一定の温度(65℃)
に達すると、煙式住宅用火災警報器と同様に、音声にて知らせてくれます。

 

そのため、キッチンなどの調理により煙が発生する場所でも、誤作動を起こすことはあり
ません。

 

また、住宅用火災警報器の設置に際し、火災警報器ご購入には、NSマークの入ったもの
をおすすめします。

 

これは、「日本消防検定協会」の鑑定に合格したものに付けられるマークで、国の基準に
適合するという証明になります。

 

札幌で住宅用火災警報器の設置をお考えなら、是非当社にお任せください!

 

 

お客様に安心してお任せいただける電気工事店であるために

当社では、すべてのお客様にご満足いただけるような札幌の住宅用火災警報器設置取扱店
となれるよう、日々全力を注ぐことをお約束します。

 

また札幌のお客様はもちろん、札幌以外の地域のお客様からも、住宅用火災警報器の設置
に関するあらゆるご依頼を受け付けております。

 

札幌のお客様のみならず、札幌以外の地域にお住まいのお客様・法人様も、お電話やメー
ルにてお気軽にお問い合わせください。

 

工事の前には、内容や金額を丁寧にご説明いたしますので、住宅用火災警報器設置に関し
ての知識のない方もご安心ください。

 

札幌の電気工事店なら、是非当社にお任せください!

 

 

札幌で電気工事店をお探しなら!お問い合わせはこちら

お問い合わせ・お見積もりは、下記にて受け付けております。

 

札幌市内及び札幌以外の地域の方もお気軽にご連絡下さい。

TEL : 011-788-5017
FAX : 011-788-5018
Mail : support@toho-dek.com
住所 : 北海道札幌市東区北四十二条東1丁目5-24

札幌で住宅用火災警報器設置の実績豊富な電気工事店なら「有限会社トウホウ」へお任せ!

 

このページの先頭へ